1.コンセプト

コンセプト決めが開業準備で最も重要なポイントです。
どんなお店にしたいか、具体的に整理していきましょう。

コンセプト
女性イラスト

開きたいお店のイメージはあるけど…
最初のうちに、どんなことを考えればいいのかな?

男性イラスト

お店のコンセプトを具体的にすることは、
これからの準備にも開店後の運営時にも大切なことです。
決めておいたほうがいいことをチェックしてみましょう。

お店をやろうと思った時、どんなお店にしたいと考えていますか?
場所は?広さは?どんな内装?どんな人に来てほしい?何をウリにしたい?
これらの夢が膨らんでいる途中だと思います。

コンセプトとはお店の指針であり、こんな店を作るという基礎の考え方です。
それを、漠然としたイメージだけではなく、具体的な言葉とすることで、今後の準備や運営時にもブレない軸となります。
コンセプト決めが開業準備で最も重要なポイントです。

店舗のコンセプトとして決めるもの

動機、目的、決意

なぜお店をやってみようと思ったのか?何を目的にしているのか?
を書き出してみましょう。動機や目的は人それぞれです。
そして「やるからには、いつまでに、この状態まで達したい。」という決意を書き出してみましょう。
あなたが今後、店をオープンするまでの過程で悩んだときに見返し、開業して経営を続けていく中で
振り返って、軸がブレていなかったかを見直す指針になります。

業種 業態

取扱い商品やサービスの分類を「業種」と呼びます。 ビジネスのやり方の違いを「業態」と呼びます。
本サイトはナイト店舗開業ですので、業種は(おもに酒類を提供する)飲食店ですが、
バー、スナック、クラブ、パブ、ガールズバー、キャバクラ…などを業態としますが、
業界の中でも呼称に対しての明確な定義はなく、呼称は同じでも地域によってサービス内容が違うということもあります。
お客様は店選びをする際にある程度は業態で判断しますので、あなたのお店が業態を何にするのか明確にしておきましょう。

どんなお店にしたいか、お店のこだわり

あなたのお店にはどんな人が来店して、どんな楽しみ方をしてほしいですか?
お店の魅力や特徴を明確することが重要です。自店舗のウリ(他店との差別化ポイント)、
お店のこだわりなど、明確な特徴があれば、初来店の動機になったり、既存客が思い出してもらいやすくなります。
キーワードで構いませんので、箇条書きに書き出してみましょう。
例)サラリーマン中心で1人客でも気軽に入れる店、カラオケで盛り上がれる店(女性客も気軽に来れる)など

ターゲット層

顧客層はどんなイメージですか?
店舗イメージ作りと並行になりますが、年齢層と職業層の両方で考えましょう。
例えば、仕事帰りの30代~40代の会社員が中心?年齢層も広く地元の人がフラリと集まる店?
グループでワイワイ楽しむ店?独りで来る人が多い店?女性客は?
もしくは隠れ家で息抜きしたい会社役員や経営者層?

お店の立地、物件の条件

どの街のどんな場所に出店したいですか?
人気の夜の歓楽街?商業地域の飲食店街?駅前?郊外?
具体的に地域(街)を絞りましょう。物件探しは広域になると大変です。絞ったら第1候補から第3候補の優先順位をつけましょう。
その街の中でも、「この通り沿い、この一角」や「1階の店、空中階の店」というこだわりがあれば書き留めておきましょう。
【確認】お店の立地条件にした場所は、前項のターゲット層が集まる地域でしょうか?

広さ、席数

お店の広さはどれぐらいを想定していますか?
席数は何席ぐらい?カウンターとボックス席の割合イメージは?
物件の形や客席レイアウトによって席数も変わるので、席数も想定しておきましょう。

コンセプトシートを記入する

営業時間、定休日

営業時間は何時から何時ですか?定休日は?
ターゲット層や街の特性でオープン時間や閉店時間は違いますね。
出店希望エリアの他店舗の営業時間を、店舗検索サイトを見て参考にしましょう。
営業できる時間は店舗の業態によって届出や許可申請が必要です。
詳しくは「⑤行政手続き」のステップを参照してください。

価格設定、メニュー

基本となる料金システムを決めましょう。(チャージ+ドリンク制、飲み放題制など)
ボトルキープ制?セット時間は?飲み放題のハウスボトルは?
早い時間と遅い時間でセット料金を変動させる?
中心となるボトルの種類とグレードは?金額は?シャンパンやワインは置く?
カラオケは有料?歌い放題?サービス料や税金は?
出店希望エリアで相場が違います。他店舗の価格設定を店舗検索サイトを見て参考にしましょう。

客単価、来店客数、売上高

客単価は幾らぐらいと考えていますか?例えば基本セットに加算する計算とした場合、
飲み放題●分●●●●円がメインであれば、スタッフドリンク分をプラスしたぐらいでしょう。
セット●分●●●●円でボトルキープ制だと、ボトル代の20%~25%を1回当たり単価とし、
スタッフドリンク分をプラスしたぐらいでしょう。
単品ドリンクを中心にするのであれば、チャージ+平均ドリンク単価×想定杯数となります。
お店の特徴で食事をウリにするなら、その分も客単価に乗ります。

来店客数は現時点では未知数ですね。あなたのお店が繁盛店になるかによって大きく変わります。
まずは仮想定で作ってみましょう。平日と週末(休前日)で客数は変わりますので分けて考えます。
お店の席数は何席ですか?平日は何割程度席埋まって、何回転(入れ替わり)するでしょうか?
週末(休前日は)どうでしょうか?満卓にしたいですね。お客様の入り時間と営業時間を考えると
何回転できそうですか?

来店客数と客単価を掛けたものが基本的な売上高になります。
これに追加的な売上(シャンパンや、指名料などのキャスト売上)を加算したものを
月次の売上高として想定します。

内装と外装イメージ、看板

あなたの理想のお店の内装はどんなイメージですか?
もちろん予算問題はありますが、
まずは自分のイメージする内装条件を箇条書きに列挙していきましょう。

写真やイラストをWEBや雑誌からピックアップするのをお薦めします。
ナイトの実店舗でなくても、他の業態や商業施設のインテリア、調度品などでも構いません。
内装業者との打ち合わせの際に、言葉ではなくビジュアルで伝えると意図が伝わりやすいです。

物件によっては、外装もこだわれる場合もあります。そのイメージがあれば同様にまとめておきましょう。
ただし、物件の種類によっては内装が自由にできるものと、変更範囲が制限されているものがあります。
あなたが「ここは絶対実現したい」内装イメージの優先順位は頭に置いておきましょう。

看板や店のロゴマークはどんなデザインにしたいですか?
業者にデザインしてもらう時にも
前述のビジュアルイメージをまとめておくと良いでしょう。

項目はたくさんありますが、思いつくことを箇条書きで列挙していきましょう。
はじめは言葉が纏まっていなくても構いません。
自分のイメージを紙に書いて、何度も見返し、手直しして、整理して、コンセプトを固めていきましょう。
お店が長く続けるために、迷った時に軸をブラさずに振り返ることができます。


あなたがどんなお店にしたいか/キーワード例

  • サラリーマン中心で、1人客が友達を探せる店
  • 常連客が中心の店or新規客が来店しやすい店
  • 手料理がうまい店
  • カラオケで盛り上がれる店
  • キャバクラやガールズバーは苦手だけど女の子と話したい20〜30代の独身男性が集まる店
  • ちょっと息抜きに友達と遊びたい主婦が利用する店
  • 隠れ家で息抜きしたい会社役員や経営者
  • 安くて毎日来れる店
  • 珍しいお酒が飲める店
開業に役立つ資料

「新規開業チェックシート」
「コンセプトシート」「資金計画虎の巻」などを
無料でダウンロードできます!

\お役立ち情報をゲットしよう /

ダウンロード 開業サポート資料
無料ダウンロード

店舗開業に役立つ
Webサイトを開設
しました!

ナイト店舗開業支援(スナック・バー・クラブ)

カラオケメーカーだからこそできる!
豊富なノウハウでスナック・バー・クラブなど
ナイト店舗開業をトータルサポート!

詳しくはこちら
PageTop PageTop