Twitterを活用した集客と夜のお店の活用事例をご紹介!

2022.11.21

Instagramを活用した集客と夜のお店の活用事例をご紹介!

みなさまはこれからどのように集客される予定ですか?
口コミや紹介も素晴らしい集客方法ではありますが、
新規顧客の獲得にはもっといろいろな集客方法方法があります。
様々な集客アイデアを見て視野を広げることで、自身のお店に合った具体的なプランが見えてきます。
この記事では、主にTwitterを活用した集客方法のアイデアを、実際の夜のお店での活用方法と併せてご紹介します。
それぞれのコンセプトを持った素敵なお店に、是非お客さんが足を運んで貰えるようにしましょう!

Twitter(ツイッター)とは?

Twitterとは、140文字以内の文章を投稿する無料のウェブサービスのことです。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるものの1つで、スマートフォンや携帯電話、パソコンなどから使用できます。
文字だけでなく写真や画像、動画の投稿も可能で、他人が投稿したものを閲覧することもできます。
一般的には、身の回りに起こったことを投稿したり、趣味の情報を収集したりするために使用されます。

活用ポイント

・リアルタイムで伝えたい情報を発信する

Twitterは140文字の文字数制限があるため、短い文章で伝わるような情報を発信するのに向いています。
例えば、本日のおすすめメニューや当日限定のお得なイベントなど、リアルタイムな内容がおすすめです。
集客に直接つながるような内容の投稿は、伝えたいターゲット層をしぼり、配信する時間帯なども工夫しましょう。
一緒に画像も載せてあげれば、より視覚的にも伝わりやすくなりますよ。

《実際の活用例》

●本日のスタッフ/メニュー
●営業時間/臨時休業のお知らせ
●イベント告知/イベントの様子を伝える

ツイッターの実際の活用例

・キャンペーン(リツイート/ハッシュタグ投稿など)を開催する

他ユーザーに投稿をリツイートしてもらう「いいね&リツイートキャンペーン」や、
来店時の写真やコメントをハッシュタグと投稿してもらう「ハッシュタグキャンペーン」などが人気です。
イベントに参加してくれた方々に喜んでもらえるサービスやプレゼントを用意しましょう。
拡散性の高いTwitterで口コミが広まることで、認知度を高めるとともに安心感を与えられます。

《キャンペーン参加者に投稿してもらう例》

例:カラオケイベントをお店で開催する場合 ⇒ #カラオケイベント名 #店舗名
例:街で実施しているイベントにお店が参加する場合 ⇒ #イベント名 #店舗名
例:スタッフの誕生日イベント ⇒ #スタッフ名 #店舗名 #誕生日イベント名

《ポイント》

●お客様にイベントのクーポンなどを配布する場合は、次回の来店につながるような内容にすることも集客率をあげられます。
●同じような業種で人気のお店がどのようなハッシュタグを活用しているのか参考にしてみましょう。

・お店の情報以外に、ママ・マスター・スタッフのつぶやきやユニークな内容を発信する

単純にお店をPRをするだけでは”セールス感”が出てしまい面白みに欠けるため、ユーザーのエンゲージメント率(※)が下がります。
読み手が楽しめる投稿も時には大切。ユニークな投稿やスタッフのつぶやきなども発信してみましょう。
また、ユーザーとコミュニケーションが取りやすいため、つぶやきを見てくれたユーザーからの反応ももらえるかもしれません。
発信者の意外な一面やお茶目な姿を見ることができると、お店やスタッフに対して親近感がわき、訪店に繋がりやすくなることもありますよ。
(※)「ある投稿に対してどれくらいのエンゲージ(反応:いいね、クリック、シェアなど)があったか」を計る指標

例:ママが最近興味があること/スタッフの趣味/お店のコンセプトにかかわる裏話/来店のお礼(個別ではなく、来店してくれたお客さん全員に向けて)

・他のSNSと連携し、店舗情報の補助役として活用も可能

既にInstagramや他のSNSを使っている方は、他のSNSと併せてTwitterでも発信するとSNS集客の効果を高めることができるでしょう。
Twitterの特徴は、ちょっとした投稿でも見ている人にとっては不要な情報と映りにくいことです。
各SNSでは投稿しきれないリアルタイムな情報も、Twitterなら多少の連続投稿に対しても、見ているユーザーには違和感を感じられにくい傾向があります。
店舗のリアルアイムな情報はTwitterも補助的に活用してみましょう。

・ハッシュタグを活用する

多くの人が検索するワードをハッシュタグとして利用することで、
フォロワーの範囲外のユーザーにもツイートを見つけてもらいやすくなる、青く表示されるためユーザーの興味を引きやすい、
継続的に使用すればブランディングに活用できるなどのメリットがあります。
他のお店がどんなハッシュタグを使ってツイートしているかも参考にしてみましょう。
例:#スナック #乾杯 #ドレス #店名 #スタッフの名前

・プロフィール欄を充実させる

実店舗の営業時間や位置情報などの基本情報を掲載しましょう。また、サービス・商品情報も掲載するとユーザーが安心して来訪し易くなります。
また、自己紹介欄には、ユーザーにもツイートする際に入力してほしい#ハッシュタグも掲載することで、#ハッシュタグの認知にも繋がります。
また、他のSNSでも店舗のアカウントがある場合は、そのSNSを紹介するリンクもお勧めですよ。
お店の雰囲気やスタッフのキャラクターが伝わるように、砕けた表現で楽しさ・明るさを出した自己紹介欄にしたり、
ご自身の店舗イメージを見てくれたユーザーに初見でしっかりで伝えられるようにしましょう。

今回のまとめ

Twitterを活用した集客のポイントは以下の通りです。

①リアルタイムで伝えたい情報を発信する(イベントや店内の状況/営業・臨時休業など)
②キャンペーン(リツイート/ハッシュタグ投稿など)を開催する
③お店の情報以外に、スタッフやママ・マスターのつぶやきやユニークな内容を発信する
④他のSNSと連携し、店舗情報の補助役として活用も可能
⑤ハッシュタグを活用する
⑥プロフィール欄を充実させる

このようにTwitterを活用した集客方法や活用方法は様々です。
はじめは文面作成に慣れていなくても、何度か作成・投稿していくうちにユーザーの目に留まるような投稿が出来るようになりますよ。
今回はTwitterの活用方法を具体的にお伝えしました。
是非無理なくできることから始めてみましょう!そしてご自身のお店に合った集客方法を見つけていきましょう。

※「Twitter」、「Tweet(ツイ-ト)」、「Twitterロゴ」は、Twitter,Inc.またはその関連会社の登録商標です。

ナイト開業支援事務局

書いた人:ナイト開業支援事務局

こうご:主に記事・イラスト担当。20代に夜の飲食店の楽しさを知り、ディープな世界観に魅了される。
荒木・原:ナイト市場のカラオケ提案を最前線で行い、カラオケナイト市場のいろはを知り尽くした猛者達。その経験・知恵を記事に落とし込み、生きた記事を生み出せる源になっている。

開業サポート資料
ダウンロードできます

「コンセプトシート」や「開業準備チェックリスト」「店舗収支の試算」などを無料でダウンロードできます!

ダウンロード 開業サポート資料
無料ダウンロード

ご相談・お問合せ

具体的に相談したい方、聞いてみたい方はこちらからお問合せください

お問合せ
PageTop PageTop